フォト
無料ブログはココログ

いくつになったの?


県名


« 3月16日、予定日当日となりました♪ | トップページ | ひよこママ、てんとう虫まるです。 »

2007年3月18日 (日曜日)

春が来た♡♡♡(旦那代筆)

★いつも妻のブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 後述の理由から、今日のブログは夫である
ズッコケが代筆致します。

突然ですが、今朝10:04に愛娘が誕生致しました!
※長文になりますが、以下に昨夜以降の状況を書きます。

昨夜から不規則に起こる陣痛の兆候と思われるひどい腰と下腹部の痛みの間隔を計測していたのですが、5分程度の時もあれば25分以上安定している場合もあり、前駆陣痛?と思いながらも極力本格的な陣痛が始まったら病院に行こうということで引き続き計測を続行。

午前3時くらいまでは(私がERⅩを見ていたこともあり…)不定期に起こる奥さんの鎮痛要請に対して腰を擦ったり押したりに付き合っていたのですが、そのうち不覚にも意識を失ってしまい(要するに眠ってしまって…)、、
奥さんの声で目を覚ますと6時くらいになっていました。
(それまでの間、奥さんは痛みに耐えて声を出さないように堪えていたとのこと。。ホント、すみません・・・反省してます)

6時以降は痛みがますますひどくなったようで、早朝も憚らず悲鳴にも似た声を上げて痛みを訴え、どこをどう擦ろうが押そうがもう痛みに有効な手段を俺が提供することはできない状態になっていました。。仰向けには寝られず横に寝ても腰痛は緩和できないとのことで、この時一番楽な格好は四つん這いでした。

それでもまだ苦痛が柔らぐタイミングもあるようで、その時は我に返って「お腹すいた」を連呼。。自分が今できる事といえば朝食を作ることしかなかったので、パンをコンロで焼きながらフライパンを温め、卵を割りかき混ぜているうちに苦痛の申告。擦っているうちに痛み緩和、再び調理を始めようとすると痛みの申告、俺は腰を擦りに布団へ・・・の繰り返しになり、調理が一向に進まない。つまり、陣痛の間隔がどんどん短くなっているわけで、これがまさに病院に直行するタイミングだったはずなのですが、当時の(って今朝ですが…)俺は気が動転していてある意味奥さんに「病院に連れていって!」と言われるのを待っていた(いるしかなかった)のかも知れません。。。

「病院に行こう!」と決まってからは早く、奥さんはどんどん短くなる激痛状態に「もうこの格好でいい」と、寝起きの寝巻きスタイルにダウンを来て既に出発準備OK。俺は朝食の準備を放り出し、慌ててジーパンに履き替えシャツを着替え、ダウンを羽織って出発しました。
入院道具は既に車に積んであったので荷物はなし。車の中でも奥さんの苦痛はますます激しさを増し、四つん這いでも激痛はどうにもならず・・・。助手席の座面に顔を埋めて泣きながら叫んでいました。。(汗

10分ほどで病院に到着。
病院に入るともう歩くことができなくなっており、7階にある産婦人科病棟に行きたいのだけど歩けない(足が出ない)状態。たまたま通りかかった看護婦の方が車椅子を用意してくれたので、何とか目的地まで辿り着くことができました。

産婦人科に着くとすぐ検診が始まる。外で座って待つ俺。10分もしないうちに看護婦さんに

「子宮口がもう全開なので、これから分娩です。ご主人も中に入ってください。」

「は、はい…」冷静を装いつつも(昨日まで3cmとか言ってたのにぃ…とか思いながら)訳もわからず分娩室へ。(3/18 08:04 のこと)
分娩室に入ると、そこには奥さんが分娩台に乗って苦痛に顔をゆがめていました。

※ここから先、赤ちゃんが出てくるまでの経過は<生々しいので>割愛しますが、とにかく奥さんは頑張りました!これまでも快適家庭生活や俺の世話などいろいろ頑張ってくれてたし、妊娠中も24時間40週間、2人の赤ちゃんをちゃんと育んでくれていましたが、今日がその集大成といわんばかりに苦痛に耐え、頑張ってくれていました!(俺はただ、手を握ったり分娩室が暑いという奥さんをうちわで扇いだりするだけでした。母はやっぱり強し!

3/18 10:04、無事元気な女の子が産声をあげました。

体重:3026g、身長:48.5cm。元気な女の子です!
途中、頭のてっぺんだけ見え、細い髪の毛が生えているのを確認した時点で、俺の目のあたりはじわじわジーンと、鼻もムズムズしてきていたのですが、全身が見えたときには思わず嗚咽しそうになるほど涙がこみ上げてきました。
(いやすみません。嗚咽してました。。奥さんは疲労のせいか安心したのか、事前には「私もたぶん泣く」とか言っていたのですが、涙は見えなかったような気がします。
一瞬赤ちゃんの泣き声が聞こえてこなくて不安を覚えましたが、後から聞いた話だと、かなりスムーズな出産で赤ちゃんがストレスを感じていないことから、泣くことがなかったらしいです。

その後、しばらく病室の準備ができていないとのことで分娩室で2時間ほど休息と奥さんは昼食を取ったのですが、その間、2人で赤ちゃんの顔を観察したり、カンガルーケアでおっぱいをむさぼるように飲む赤ちゃんを見たりしながら過ごしました。
(おっぱい工場は既にフル稼働してました!!!)

病室に移ってから、俺の母親と奥さんの母親、弟が見舞いに来てくれ、出産を祝福してくれました。まだ生後4時間も経っていないのに「あそこは俺、ここは奥さんに似てるね」なんて幸せな会話に花が咲いていました。

赤ちゃんの名前はほぼ決まっています。先週決まりました。春三月の麗らかなイメージの漢字と響きでその名前に決めました。姓名判断的にいい評価もあまりよくない評価をしているもの様々あるのですが、女の子だし下手な姓名判断より最終的にはイメージを大切にしてあげようと思い決めました。

昨日までは奥さんと2人で夫婦でしたが、今日からは奥さん、赤ちゃんと3人の家族になりました。責任も増すことになりますが、それ以上に赤ちゃんがもっともっと幸せを運んできてくれたような気がします。

奥さんは今週一杯入院して体調を整えます。俺は今のうちに最終的な気持ちの切り替えを完了して、奥さんと赤ちゃんと3人の生活を頑張ろうと思います!
※出産に関する奥さんのレポートについては、退院後に書かれることと思いますのでお楽しみに。

3月でも大雪が降ったりしてまだまだ寒い日が続いていますが、我が家には一足先に春がきました~♪

« 3月16日、予定日当日となりました♪ | トップページ | ひよこママ、てんとう虫まるです。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月16日、予定日当日となりました♪ | トップページ | ひよこママ、てんとう虫まるです。 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31